鎌田先生紹介

プロフィール

東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県・諏訪中央病院へ赴任。30代で院長となり、経営難だった病院を再生させた。
2004年にはイラク支援を開始。イラクの4つの小児病院へ10年間で4億円の薬を送り、凶暴な過激派集団「イスラム国」が暴れ、空爆が行われているイラク北部の都市アルビルを拠点に、難民キャンプでの診察を続けている(JIM-NET)。
東北の被災者支援にもいち早く取り組み、「がんばらない」「1%はだれかのために」と言いながら、多方面で精力的な活動をおこなっている。


主な著書
ベストセラー「がんばらない」
「アハメドくんのいのちのリレー」(集英社)
「へこたれない」(PHP 研究所)
「ウェットな資本主義」(日本経済新聞出版社)
「鎌田實の幸せ介護」(中央法規出版社)
「がんに負けない、あきらめないコツ」(朝日文庫)
「ほうれんそうはないています」(ポプラ新書)
「1%の力」 「イスラム国よ」(河出書房新)
「遊行を生きる」(清流出版)
最新刊 「カマタノコトバ」(悟空出版) など多数


経歴

1948年 東京に生まれる。
1974年 東京医科歯科大学医学部卒業。長野県・諏訪中央病院にて、地域医療に携わる。
1988年 諏訪中央病院 院長 就任。
1991年 日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)設立。チェルノブイリ原発事故の被災地ベラルーシ共和国へ医療支援を開始。
2000年 著書『がんばらない』(集英社)がベストセラーとなる。
2001年 『がんばらない』が西田敏行氏主演でTBSドラマ化される。諏訪中央病院 院長 退任。
2004年 イラクへの医療支援を開始(JIM-NETとしての活動)。
2005年 諏訪中央病院 名誉院長に就任。
2006年 「がんばらない」レーベルを立ち上げ、CDアルバム「ひまわり」をプロデュース。イラクの難民キャンプで診察を実施。
2009年 ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。
2011年 日本放送協会放送文化賞 受賞。